banner

初心者向けの手順・方法

初心者向けの会社設立の手順・方法について

会社設立に向けて、メリットデメリットを理解してから株式会社にするのか合同会社にするのが選択をします。次に、全て自分で手続きを行うのかまたは専門家に任せるかを選択します。
最後に会社設立後に必要な手続きを行います。以上が基本的な会社設立の手順と方法になります。
では、それぞれ具体的に解説をしていきます。

まずは、メリットデメリットについてです。

メリットは、個人で事業を拡大するよりは会社として事業を拡大するの方が社会的に信用性が高まります。また、行政による許可が必要な事業の場合は、会社であることが前提になります。
さらに、会社が倒産しても社長の損失は出資金程度なので、個人で行うよりも挑戦力が高めることができます。
デメリットは、収益が0円だとしても会社なの法人税を支払う義務が発生しますし、設立に費用が発生します。
個人で事業をする時よりも手続きの時間と費用が必要になるところです。
メリットデメリットを理解したうえで会社を設立するならば、株式会社か合同会社のどちらの方法にするのか選択をします。

会社設立を考えている人は、一般的には株式会社が思い浮かぶと思いますが、2006年より合同会社という新しいタイプの会社がうまれました。合同会社は、事業を拡大する場合は出資者全員の一致が必要になるため少数で設立されることが多いです。
また、株式会社より比較的安い費用で会社設立が可能ですが、社会的信用はまだ株式会社の方が高いようです。

さらに、株式会社の方は株主に対する配当が細かく定められていますが合同会社の場合は、出資金に関わらず配当をすることが可能です。次に、会社設立の手続きを自分でやるか専門家に任せるかどちらの方法にするか選択をします。

法学部出身など法律にとても詳しい方は自分で手続きをしてもいいでしょう。ただ、時間がかかりますので事業の開発などに時間を費やすのか手続きに時間を費やすのかは個人の選択になります。
また、専門家に任せる方が費用が高いと思われがちですが全体的にみるとそうでもないようです。

次は、行政による許認可を得られる事業を行う会社を考えます。どんな事業でもできるかと思いきやそうはいかないようです。

しっかりと、行政から許可を得られる会社にしましょう。最後に、会社設立が完了してから行う手続きをご説明します。

まずは、法務局で印鑑カードを作り、税務署で申請を済ませます。次に、都道府県、市区町村税事務所でも申請をします。最後に社会保険手続きをして全てが完了です。

Copyright(c) 2014 会社設立に向けて考えなければならない、従業員への配慮とは?All Rights Reserved.