banner

名称について

会社設立する際の名称について

何人か共同で会社設立を試みたり、または1人で単独で会社設立しようと考える人がいますが、もちろんそれまでの間にいろいろな手続きをしたりして、自分たちの会社を持つのを夢見て頑張っているものだと思われます。

ところが、会社設立時に問題になってくるのがその会社の名称です。もちろんその会社をたてるまでには、個人的にいろいろないきさつや出来事が起こっているに違いありません。又、自分の会社を持つ以上こういう会社にしたいなど希望がそこにあるわけですから、名前を付ける際にもそこにやはり気持ちを込めてつけたいと思うのが通常です。

そこで自分が希望している名前ならなんでも登記できるのか、またはどんな名前でも会社名として成立するのかが問題になってきます。

基本的に会社設立の際に会社の名称をどのようなものにするのかと言うのは自由なのです。しかし何でもかんでも自分が思いついたことを会社設立の時の名称にすることはできると考える事は早計です。あくまでその中でも使ってはいけない言葉やあるのです。

例えば記号のように文字でもなく、ある特定の人しか見て判断できないようなものは却下されるのです。つまり詳しくみれば、会社名として登録するわけですから、誰しもがその会社の名前を見た時にすんなり読めることが1つの基準となってきます。ある人はこのような読み方をするけれども、この人はこういう読み方をすると言うように、決まった読み方ができない場合は会社名としては成立しないです。

または特殊記号も文字としての意味をなさない以上、名称としてはつけることができません。いくら本人が良かったりこれから将来流行る文字だからと言っても他人に誤解を与えるようなものは使うことができないのです。

自分が気に入ってるからといって、既に名前として成立しているようなものと同じような名前を付ける場合も、会社名としてはよくありません。他人からしてみればどちらが本当の会社か区別が付けないからです。

また同じ名前をつけるわけではなくても、類似した名前の場合でも却下されることがあります。あくまで、ある有名な会社をもじった名前だなとすぐにわかる場合は、却下されることがあるのです。
このように会社の名前をつける場合でも名称を付けるなら何でもつけられるというわけではなく、あくまで客観的に自分の会社だ、他に聞いたことがないという会社だと言えるような名前にしてそれを登録しなければいけないのです。

Copyright(c) 2014 会社設立に向けて考えなければならない、従業員への配慮とは?All Rights Reserved.