banner

厚生年金への加入

会社設立による厚生年金への加入などについて

株式会社設立や合同会社設立またこれら営利法人などとは趣を異なるものとしますが、社会福祉法人なども法人を開設した場合にはしなければいけない手続きがあります。

健康保険は今まで国民健康保険に加入していたりあるいは別の健康保険制度に加入していた場合の人たちのために、社会保険への加入を行う必要があります。社会保険の加入と同時に厚生年金への加入も考える必要があります。

社会保険や厚生年金に加入する際には、行わなければならない手続きがいくつもあります。また、こうした手続きには期限が設けられていて、その期限内にしなければいけないことになっていますが、そのルールと現実とで実際には難しい対応になる場合があります。

特に法人設立具体的には法務局での法人登記の完了から5日以内に届け出ないといけないものであったり、その他にも従業員も雇用した場合に届け出ないといけない場合も期日が設けられている場合があります。

会社設立時にこのような申請を今までにしたことがない人が一般的に大半になりますが、もしこうした手続きに不安がある場合には、こうした代行申請を専門で行える資格があります。
社会保険労務士の資格ですがこの資格は国家資格になります。この社会保険労務士の資格を持つ人の中に、法人設立関係の届け出に精通している人が必ずその地域にはいるものです。そのため、会社設立前に事前に相談するなどして、納得がいけば正式に年金事務所などでの煩雑な手続きの代行を依頼してもよいとされます。

会社設立にしか目がいっていなくて、その後のことを考えていない場合がありますが、段取り八部の精神でできるだけ法人設立に関する予備知識は持っておくことが大切です。突発的事項が起きても対処できるように、また、そもそもそうした突発的事項が発生しないように、どういったタイミングではどのような届出をどこにするのかなど、一覧表のような形にしてまとめておくのも有効でしょう。

社会保険労務士に依頼する場合には、あらかじめ必要な情報を正確に社会保険労務士に伝達することが必須となります。間違えた情報を渡すと、その情報を基に年金事務所などに提出するようになりますから、結果的に自分たちにその間違えた情報による失敗が返ってくることになります。そのような事態にならないように、依頼する場合には社会保険労務士とは連絡を密にし、正しい情報を渡して正しい手続きを行うように努めることが必要です。

Copyright(c) 2014 会社設立に向けて考えなければならない、従業員への配慮とは?All Rights Reserved.